ムクナ豆 まるでむずむず脚症候群の治療薬

ムクナ豆豆.jpg


むずむず脚症候群の原因は大きく3つ

  ドーパミンの機能障害・鉄分不足・葉酸不足 だと考えられています。

このうち2つの改善に効果が期待できる食べ物があります!


若返りの豆、ムクナ豆


ここ最近、ムクナ豆は『若返りの豆』『若返りのハーブ』として雑誌などで紹介されるようになりました。
ananムクナ.jpg
雑誌ananで紹介されたものです

古代インド医療アーユルヴェーダでは健康維持のために滋養強壮料理として食べられていました。実は健康にいい食材として、古くからいろんな国で食べられている栄養価の高い豆なんです。

                             健康食材ムクナ豆



ムクナ豆は天然成分のLドーパがたっぷり


ムクナ豆が注目されている理由は、その豊富な栄養素にあります。
その中でも、特に注目されているのがLドーパという栄養素です。

植物には天然成分としてLドーパを含むものがいくつかありますが、その中でもムクナ豆のLドーパの含有量は抜きん出ています



何故Lドーパがそんなにいいの?


Lドーパは神経伝達物質であるドーパミンの材料になります。
ですので、ドーパミンの機能障害が原因と考えられているむずむず脚症候群の方にとても効果が期待できます!

ムクナ豆を食べる事で、Lドーパが吸収され、吸収されたLドーパからドーパミンが作られる。作られたドーパミンが正常に機能すると、むずむずした不快感を脳に伝えるのを防いでくれる

つまり『ムクナ豆を食べる事で、むずむずした不快感を感じなくなる』
ことが期待できます。

さらに、ムクナ豆はドーパミンの材料である『チロシンとフェニルアラニン』というアミノ酸も多く含んでいます。


ムクナ豆はドーパミンの材料になる栄養素を沢山含んでいる



むずむず脚症候群以外にも、ドーパミンの機能障害や不足が原因の一つとして考えられている病気。パーキンソン病、瀬川病、うつ病などにも効果が期待されています。




Lドーパの他にも鉄分もたっぷりのムクナ豆


ムクナ豆はLドーパに加えて、鉄分も沢山含んでいます。
なんとその含有量は鶏レバーに匹敵します。

ムクナ鉄.jpg



むずむず脚症候群の原因の1つはドーパミンの機能障害、もう1つは鉄分不足

ムクナ豆を食べることで、この2つが補われます。
まさにむずむず脚症候群の治療薬のような食材!!



むずむず脚症候群を疑って病院にいこうと思われているかたは

    ★先にムクナ豆を試されてみてはどうでしょうか?
ムクナ豆買え.jpg


                    お得なモニター価格で試す!!





ムクナ豆はどこで買えるの?


残念ながら、今の日本ではムクナ豆はほとんど栽培されていません。
スーパ等で売っている事も、ほとんどないと思います。

ムクナ豆の購入方法は通信販売になります。↓



無添加のムクナ豆(八升豆)専門通販【たっぷく本舗】



たっぷく本舗のムクナ豆なら、5日間分50グラムがお得なモニター価格で購入できます。
最初から1カ月分購入するのはちょっと勇気がいります。
ぜひ、まずは5日分を試してみてましょう。身体に嬉しい変化を感じれたのなら、次からは1カ月分を購入しましょう。非常にリピーターの多い商品です。全国どこでも送料無料。


通信販売に不慣れな方は抵抗があるかも知れませんが、とても簡単に購入できます。

インターネットで5分で注文して、後はポストに届くのを待つだけです。
ポストに届いたら、ムクナ豆に同封されている払い込み用紙を持ってコンビニか郵便局にお金を払いにいきましょう。
コンビニ払いが便利です。慣れてしまうとお店に買いに行くよりずっと楽です♪


◆インターネット注文の流れ
 販売ページから商品を選ぶ ⇒決めた商品のカートに入れるをクリック 
レジへ進むをクリック⇒年齢・住所・メールアドレス・電話番号を入力 
次へ進む ⇒クロネコメール便にチェックをいれる ⇒次へ進む 
⇒郵便振替(郵便局・コンビニ兼用)をチェック⇒次へ進む ⇒注文する


後はポストに届くのを待つだけです♪もちろん、銀行振り込みを選ばれても大丈夫です。



食べ方・めやす量について


◆焙煎粉末の場合
 ・そのままで食べると香ばしいきな粉のような香りがします。
 ・人気No.1はヨーグルトにかけて毎朝の食卓に
 ・おススメは砂糖と混ぜてお餅にかけて食べるムクナ餅
 ・コーヒーや紅茶、日本茶を飲むときにティースプーン1匙。
 ・スープやおうどんのアクセントに。
 ・牛乳や豆乳にいれてほんのり香り付け。

◆焙煎善粒の場合
 ・焙煎してあるので、そのまま火をとおさずに食べても大丈夫
   非常に硬いので飴がわりに舐めて、軟らかくなってから噛みくだいて下さい。
 ・十分に水に浸して軟らかくしてから、さっとひと煮立ちさせて食べると、
   豆本来の自然な味が楽しめます。
 ・水に浸して軟らかくしてから、煮豆として味付けをしたり、カレーにいれたり。

◆1日の参考摂取量
・粒の場合   1回3~4粒、  1日3回をめやすに

・粉末の場合  1回3g(ティースプーン1杯) 1日3回をめやすに


※上記の量を参考に、最初は少量から食べ始めて、自分にあった量をみつけましょう!
※病院でドーパミン製剤を処方されている方は、必ずお医者さんに許可を得てからにして下さい!薬の副作用を強めてしまう恐れがあります。


1か月後のあたなが、むずむずから解放されて、健やかに生活されている事を願っています。


おすすめ記事
≫むずむず脚症候群とは?夜に寝れない不快な症状
≫ムクナ豆は食べ始めてどれぐらいで効果があるの?|大好評の2週間分サイズ
≫うつ病とムクナ豆 ドーパミンを増やして明るい気分に
≫健康食材若返りの豆『ムクナ豆』
≫『寝れない・疲れとれない』時は睡眠薬より休息サプリ!!
≫ライオングッスミン酵母のちから 休息サプリは寝れないのには効果がない?
≫ルイボスティー 妊婦さんも安心美味しいノンカフェイン美容茶
≫ノンカフェインのお茶 種類と味・効能
≫鉄分不足は老化のもと?!サプリメントで元気なツヤ肌美人に!


寝る.jpg



健康と医療 ブログランキングへ


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク