パーキンソン病の方におすすめ、副作用のないムクナ豆

苗.jpg


健康食材として雑誌などでとりあげられ、美容・健康面から注目を浴びているムクナ豆。
むずむず脚症候群うつ病にもいいと言われています。
そんなムクナ豆はパーキンソン病の方にもとてもいいと言われています。

一体なぜ?!
ムクナ豆とパーキンソン病についてみていきましょう

[PR]       




パーキンソン病の原因は脳にあった


パーキンソン病の正確な原因はまだはっきりとは判明されていません
現時点では、脳の一部の中脳の中にある黒質といわれる部分の異常だとされています。

この黒質で異常がおこると、黒質にある神経細胞が壊されどんどん数が減ってしまいます。神経細胞が破壊されると、神経細胞で作られているドーパミンの量が少なくなります。このドーパミンの不足がパーキンソン病の直接的な原因だとされています。



ドーパミンとは?


ドーパミンは神経伝達物質の1つです。ドーパミンは人のやる気や集中力、幸福感に強く作用するので『快楽ホルモン』と呼ばれることもあります。

神経伝達物質の働きは、神経から神経に指令を伝える事です。
神経伝達物質が不足すると、手や足を動かそうとした時に、「手を動かすぞ」という指令(情報)が上手に手足に伝わらず、身体をスムーズに動かす事ができなくなります



パーキンソン病の症状


パーキンソン病の症状は身体の全身に様々ですが、代表的なものは以下のとおりです。

振戦(しんせん)
  何もしていない時に、手や足が震えます。何かをしようとするとおさまりやすい。
  歩く時や緊張している時に震えがでやすい。パーキンソン病の代表的な症状です。

筋固縮(きんこしゅく)
  筋肉がこわばり、手足がスムーズに動かせなくなります

無動(むどう)
  健康な人にくらべて、極端に動きが遅くなったり、少なくなったりします
  早く歩けない、字を書くとだんだん小さくなる、まばたきの回数が減るなどです。

姿勢障害(しせいしょうがい)
  バランス感覚が悪くなり、転びやすくなります。
  「姿勢が前かがみ・小股で歩く・擦り足で歩く」も代表的なパーキンソン病の症状です。


         
ドーパミンを増やす健康法マニュアルはコチラ


パーキンソン病はどんな病気?


先ほど述べたように、原因がまだ判明していない進行性の病気で、国から難病指定されています。申請すれば治療費は公費負担になります。パーキンソン病と診断されて申請がまだの方は難病情報センターを参考に、病院や市役所に相談しましょう。

日本には15万人ほど患者さんがいます。50代ぐらいから症状がでる人が多く、60代以上では100人に1人の割合で発症すると言われています。高齢になるほど増えるので、人口の高齢化に伴い患者数が増え続けています。40代未満でも発症するケースがあり、『若年性パーキンソン病』とよばれています。



パーキンソン病と遺伝


全パーキンソン病患者のうち、5~10%くらいは遺伝が関係しており、患者の両親や祖父母、兄弟など血縁者にもパーキンソン病がみられます。遺伝性のパーキンソン病は家族性パーキンソン病とよばれ、他のパーキンソン病と少し区別されます。

家族性のパーキンソン病の中にも複数の種類があり、中にはたった1つの遺伝子の異常によってパーキンソン病がもたらされる事もあります。現在、その原因究明、治療法の開発、診断法の開発が世界的におこなわれています。



パーキンソン病の治療


進行性の難病で、完治する事は今の医学では期待できません
症状をおさえるための対処療法や、進行を遅らせるための薬物療法が中心となります。不足しているドーパミンを薬として飲んでも脳に移行しないので、ドーパミンの材料であるLドーパを薬として服用します。

1960年代頃まではパーキンソン病は『発症したら5年後には寝たきり』と言われていました。それが薬の開発により『発症しても10年後歩いていられる』ようになりました。薬の進歩は凄いです。昔の偉人に感謝します。


パーキンソン病の薬と副作用


ドーパミン製剤Lドーパはパーキンソン病の症状を非常によくおさえてくれます。ですが、長い間飲み続けていると副作用が大きいという欠点があります。

副作用は、薬の効果のある時間が短くなってしまい、次の薬を飲むまでに症状がでてしまう(ウェアリングオフ)。手や足、口など身体の一部が自分の意思とは無関係に勝手にクネクネと動いてしまう(ジスキネジア)などがあります。
薬の量や種類を変えて、薬と上手に付き合う事が大切です。

このLドーパと非常によく似た性質をもっているムクナ豆が、パーキンソン病患者、特に薬に頼りたくないパーキンソン病患者から注目されています。
中には、ムクナ豆を食べているほうが、薬の副作用がでにくいという方もいます。



パーキンソン病とムクナ豆

 
ムクナ豆がそんなパーキンソン病にいいと言われている理由・・・。
それはムクナ豆のもつ高い栄養価にあります。
ムクナ豆栄養.jpg
                       お得なモニター価格でムクナ豆を購入

注目して頂きたいのは、もちろん天然Lドーパです

ツル性の植物にはLドーパを天然に含んでいるものがあります。ムクナ豆はこのLドーパの含有量がとても高い事で有名です。薬として服用しなければならないLドーパを天然の食材から摂取する事ができます!

こう聞くと、ムクナ豆はすごく変わった危険な豆なのでは?と思われるかもしれません。ですが、江戸時代までは日本でも普通に食材として家庭で食べられていましたし、今でも原産国の東南アジアでは主食の一部として広く食べられています。硬すぎる豆なので日本ではあまり食べられなくなりました。

さらにムクナ豆は、必須アミノ酸であるフェニルアラニン、アミノ酸であるチロシン、鉄分も沢山含んでいます。Lドーパを含めたこの4つの成分・・・全てドーパミンの材料としてとても大切なものです。

ムクナ豆はドーパミンの材料を沢山含んでいる
さらに、理由ははっきりしていないが、ムクナ豆を食べていると、薬の副作用がでにくいと言われている。


※ドーパミン製剤を飲んでいるのに、医師に相談なしに大量のムクナ豆を食べた場合は別。


ムクナ豆をおすすめしたい人


ドーパミン製剤を服用されているパーキンソン病患者さんは、医師に相談なしにムクナ豆を食べる事は絶対しないで下さい!!薬の量を増やしているのと同じ状態になって、激しい副作用がでる恐れがあります。

医師の中には、漢方としてムクナ豆を治療にとりいれている人もいます。ドーパミン製剤を服用中の方は、ムクナ豆を試してみたいと思ったら、まず医師に相談してみましょう。ドーパミン製剤とムクナ豆を併用されている患者さんも沢山います。
      
パーキンソン病疑いの方   
初期のパーキンソン病の方(ドーパミン製剤服用前)
血縁者にパーキンソン病患者がいる方
最近身体の動きが鈍くなったと感じる方


上記の方は何も気にせずに試せるので、ぜひムクナ豆を食べてみましょう。
ムクナ豆を食べている事を主治医に伝える事はしたほうがいいかもしれません。

全パーキンソン病患者のうち5~10%は遺伝性です。ですので、血縁者にパーキンソン病患者がみえる方は、そうでない人より少しだけパーキンソン病になるリスクが高いといえます。ムクナ豆は美容や健康面からも注目されている健康食材です。ドーパミン不足にならないためにも、ムクナ豆を積極的に食べておくといいかもしれません。発症してから後悔しても遅い怖い病気です

根本的治療法がまだ発見されていない病気です。
症状の進行を少しでも遅らせる事が治療の目標になります。少しでも早いうちから良さそうな事を試していきましょう。



身体の動きが鈍くなった感じたら、ムクナ豆を試してみましょう


ドーパミンの分泌量は加齢とともに減少してしまいます。パーキンソン病が関係あるかどうかはおいておき
 
  ◇なんだか最近表情がかたいとよく言われる

  ◇何となく身体の動きが鈍くなった気がする

  ◇手先が不器用になって、昔はすんなりできた事にとまどう

このような自覚がある方は、ドーパミンが不足しているかもしれません。
60代をこえると100人に1人が発症すると言われている、根本治療のない病気です。できる事なら予防しましょう。

食べ始めた方から、喜びの声が届いているので、公式ページより一部ご紹介します。


ムクナ感想.jpg



くちこみ公式.jpg




ムクナ豆の購入方法・食べ方について


豆粉と豆.jpg

ムクナ豆はスーパーなどで販売されていません、購入は通信販売になります。




                    ムクナ豆の販売ページはコチラ
 


初めての方におすすめなのは、2週間分のサイズです。
ムクナ豆を食べ始めて早い方は2~3日で効果を実感する人もいますが、多くのひとは1週間ほど続けた頃に効果を感じるようなので、ぜひ2週間続けて見ましょう。
大好評の2週間分サイズ


粉末状のムクナ豆は『香ばしいきな粉』のようなものです。ヨーグルトにかけたり、料理に混ぜたり、コーヒーにいれたり、そのまま食べたりと、色んな食べ方ができます。

もっと手軽に試してみたい!という方は学習栄養サプリ【ラーニングアップ】というムクナ豆の含まれたサプリメントがおすすめ。

受験生や働く社会人の『集中力とやる気』をサポートするサプリメントですが、ドーパミンを増やす効果を期待して、ムクナ豆が主成分の1つとして配合されています。メインのターゲットが受験生、子どもむけなので安心です。


鉄分葉酸もしっかりとり、バランスのとれた食事を心がけ、いつまでも自分の足でしっかり歩き、いきいきと笑顔で生活できるようにしましょう。



ドーパミンを増やすための健康法をやってみよう


パーキンソン病の治療で有名な治療院の先生が、何年もの歳月をかけて自分の患者さんの治療のために試行錯誤を繰り返して体系化した

「ドーパミンの量を増やすための健康法(日常生活・食生活)」

その方法を、全国のパーキンソン病で苦しんでおられる患者さん、またそのご家族のために、自宅でできるように考えてマニュアル化したものを発行されています。(書籍、ダウンロード どちらでも可能です。)

実際にその先生の治療院において、1000人以上の患者さんの症状が大幅に改善されいます。患者さんはもとより患者さんのご家族の方から

私にもしてあげられる事がみつかって嬉しい。
少しでもできる事が増えるのが希望につながる。


とたいへん評判の良いマニュアルになっています。
ただいまお得なキャンペーンをされているので、気になる方はのぞいてみて下さい。

        
ドーパミンを増やすための健康法・パーキンソン病ケアマニュアル


おすすめ記事
≫健康食材若返りの豆『ムクナ豆』
≫『寝れない・疲れとれない』時は睡眠薬より休息サプリ!!
≫ライオングッスミン酵母のちから 休息サプリは寝れないのには効果がない?
≫ムクナ豆は食べ始めてどれぐらいで効果があるの?|大好評の2週間分サイズ
≫うつ病とムクナ豆 ドーパミンを増やして明るい気分に≫ルイボスティー 妊婦さんも安心美味しいノンカフェイン美容茶
≫ノンカフェインのお茶 種類と味・効能
≫鉄分不足は老化のもと?!サプリメントで元気なツヤ肌美人に!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス



健康と医療 ブログランキングへ

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク